8時間ダイエットと産後太り

元々ぽっちゃりしていたのもあり、産後なかなか体重が落ちずに悩んでました。
そろそろ本気でやばい!!と思い、ダイエットを始めることにしました。

幼い子どもがいるのもあり、ジムに通う、ウォーキングやランニングを毎日するのは難しく、あれこれ調べて見つけたのが、【8時間ダイエット】でした。

ざっくり言うと、1日の中で8時間は食事してOK、残りの16時間は食事NGという方法。
空腹でも寝れる体質の私には合ってるかもと始めました。
始めてみると、子育てに追われてたのもあり8時間で食事を収めるというのはあまり辛くはなく、スムーズに痩せていきました。

でもやってくるのが停滞期。
ダイエットが続かない人はここが分かれ道じゃないでしょうか。
私もこの時期やる気がなくなってしまい、子育ての疲れもあり、夜に間食してしまうようになりました。

再びダイエットについて調べる毎日。
なかなか良いものに出会えず、やっぱり8時間ダイエットしかないかなと思っていた矢先、8時間にこだわらず、たまには10時間、12時間にもして良いという栄養士さんのコラムを見つけました。

そこで私は、平日は8時間ダイエット、休日は10時間ダイエットに変更しました。
たかが2時間と思うかもしれませんが、この2時間がすごくありがたく感じられ、以前のように停滞期で心折れることなく続けています。

こうして少し休憩しながらマイペースに産後ダイエットに取り組んでいます。
時間制限はあるものの、食べ物の制限はないので、急激に痩せることはありません。
それでも少しずつ減っていっています。
なんでも一気に減らすなんて無理な話…コツコツと続けるのがダイエット成功の近道なのだと思います。

最近、試してみたダイエット方法

過去に試してみた色々なダイエット方法を、こちらでお話させていただきました。
試して良かった、逆効果だったダイエットたくさんありました。今でも、継続しているダイエットもあります。
今回は、最近、あらたに、開始したダイエットについてお話致します。

「ご飯を食べる前にお水を一杯飲むこと」

このダイエットは、自身で考えてみたダイエット方法です。

名前の通り、ただ、単に水を飲むだけの、単純なダイエットかもしれません。
自身で考えて、試してみてところ、なかなか効果はあったと思っています。
このダイエット方法は、3月から始めています。

毎日、ご飯(朝、昼、晩)の前に、お水を一杯飲みます。
水は、ペットボトルの水です。もちろん、水道水でも構いません。
食べる前に、お水を一杯飲むことで、お腹が満腹感で満たされます。そして、決まった分量しか食べなくなります。
このダイエット方法を始めてみて、二ヶ月経ちました。
効果はあったと思います。

まず、ご飯(夕飯)のお代わりはしなくなりました。私は、たいていご飯(夕飯)はお代わりする方だったのでした。
夕飯後のお菓子も、食べなくなりました。
いつも、お昼ご飯の後には、必ず、お菓子を食べていたのですが、全く食べなくなりました。
このダイエット方法は、これからも続けます。

口寂しいだけで食べていませんか

「最近太ったー!」
よく聞くセリフです。
なぜ太るのか、必ず思い当たるフシがあるはずです。
わたしもよく言っていました。
いや、よく言っています。
こんな記事を書きながら、おやつが目の前にあるのだから、太るはずです。
いまわたしは本当に食べたいのだろうか。
と考えてみます。

「お腹が空いた」
「(本当に)これが食べたい」

そう思っていないのに、ただなんとなく、口が寂しいだけで食べている時が多くあります。
それって、とっても勿体ないですね。
言ってしまえば、別に食べたくもないもののせいで太ってストレスを抱えることになるのです。
口寂しいなら、飲み物だけにしてみる。
歯磨きをしてみる。
後者はなかなか効果的です。
何故だか歯磨きって、面倒です。

一度歯磨きをしてしまうと
「もう歯磨きしたから」
それだけのために、おやつも飲み物も我慢できてしまいます。
虫歯にもならず、無駄なカロリー摂取も抑えられる、一石二鳥とはこのことです。

わたしは、口寂しい気持ちを何もなく抑えてお水でやり過ごす、そんなことができるほど強い意志は持ち合わせていないので、本気で夜の間食をやめたい時には、かなり早い時間から歯磨きをしてしまいます。
そして、布団に入る!
最終的にはこれです。
布団の中でまで食べたい欲求が勝ることはほぼほぼないです。
万年ダイエッターですが、いつか理想の自分になりたい、と日々模索しています。

置き換えダイエットは食いしん坊には無理だった

もともとよく食べる方でしたが、中学生までは成長期とバレー部という状況から中肉中背という体型でした。ところが高校生になって美術部に入部してから急激に太ってしまい、BMI24くらいのややぼっちゃりになってしまいました。

一番体型が気になる時期でもあり、なんとかして痩せようと思い、わたしがやってみたのは一食置き換えダイエットでした。母親がダイエッターで、一食置き換えダイエットにつかうシェイクが自宅にあったこともきっかけでした。

一食置き換えダイエットは、一食をそのシェイクに置き換えることで、摂取カロリーを減らしつつ栄養バランスを崩さないようにするというものでした。飲んでみたら甘くておいしいのでこれならできるかもと思い始めました。

学校があるので置き換えは朝にすることにしました。夜はやはりご飯が楽しみなので減らしたくなかったためです。昼は学校なので必然的に朝の置き換えとなりました。

はじめてすぐ「無理だ」と悟りました。圧倒的に量が足りないのです。飲み終えたすぐから空腹感を覚えるほどで、空腹すぎて勉強もはかどらないしついおやつを食べてしまって逆効果でした。

まだ成長期の時期というのもよくなかったのでしょう、食いしん坊には置き換えダイエットは無理だと悟った出来事でした。それ以来置き換えダイエットはしていません。

気になる二重あごと顔まわり

私が見て見ぬふりをしていた体の悩みは二重あごです。

最近仕事を辞めて家にいることが多いので、空いてる時間があれば下を突き出すエクササイズをおこなうようにしています。

まず口を閉じたままで5秒間、顔を天井に向けます。そして、舌を天井に向けて突き出し5秒キープします。そのあと舌を引っ込めて口を閉じてあごをゆっくり下げ、自然な位置に戻します。

これを数回繰り返します。余裕があるときは、舌を出したときに上下左右に動かすと、あご周りの筋肉を効果的に鍛えることができます。また、表情筋を鍛えて血行を良くすることで二重あごを解消することができるみたいで表情筋を鍛える筋トレも行なっています。

まず、手の甲で首の根もとからあごの下までをぐるぐると押し上げるように10回さすります。そして手の甲であごの中央から耳の根もとまでを押し上げるように左右同時に10回マッサージします。

あごの中央から左右の耳の根もとまでを両手の指でつまんだり、離したりを繰り返しながら10回繰り返します。手のひら全体を使うように、両手を頬にあてて、上の方に引っぱり上げるように10回さすります。

これを繰り返しおこなうことによって、リンパの流れを促すこともできます。一ヶ月ほどおこないましたが、少し顎のラインがシュッとしてきたように思います。これからも続けていこうと思います。